坐骨神経痛は、若い人・若者にも発生するものでしょうか?

スポーツや生活習慣から発生も!

坐骨神経痛が発生するのが中高年の方に多いのはわかるのですが、成長期の段階にある若い方や若者にも発生することがあるのでしょうか?最近では、小学校から塾にも通い長時間にわたり椅子に座って勉強していたり、習い事で本格的にスポーツをしている子も多く、普段の生活習慣での負担の蓄積の結果発生することもあるようです。

若者にも多いのが長時間のデスクワークやパソコンの使用、長時間の自動車の運転などで腰に負荷が掛かってしまうために発生します。姿勢が悪いと余計に腰に負担を掛けてしまいますので、何らかの刺激によって突然発生することも多々あります。

特に、原因がわかっていたら改善がしやすいのですが、ウィルス感染症やアレルギー性の病気がきっかけで発生することもあります。このように坐骨神経痛は誰にでも発生する可能性があるのです。

若いからと言って過信は禁物。

普段の生活習慣で思い当たることがある方は若いからと過信していると突然発生するかもしれません。坐骨神経痛の初期段階では「少し腰が痛い」くらいにしか思わず気付かない人も少なくありません。そして悪化し、どこでも診てもらえなくなった人が気功 横浜に訪れるそうです。私も気付いていないだけで坐骨神経痛になっていて、更に悪化の一兎を辿っている…そう考えると恐ろしいですね。

重い荷物を持つ時は、腰だけに負担が掛からないように持ち方を工夫したり、デスクワークが多い方は姿勢を正しく保つように工夫をされてみてはいかがでしょうか。ちょっとした生活習慣の改善で予防にもなるので是非試してみましょう。

特に若い女性の場合に妊娠や出産をすることで腰に負担が掛かり坐骨神経痛を引き起こすこともあるようです。

自分に限ってはという考えは捨てて誰にでも発生するということを頭においておきましょう!!

また、適度な運動や体重管理も坐骨神経痛の予防になります。

特に、デスクワークが多い方は体を伸ばしたりほぐしたりしましょう。

筋肉が緊張状態ではガチガチになってしまいますので、ストレッチをしたりしても良いと思います。

出来ることから取り組んでみましょう!!

+*+*+*+*+*+*スポンサードサーチ+*+*+*+*+*+*

Menu

 TOP